犬 しつけ おいで

飼い主によっては“おいで”を“カム”“来い”または犬の名前でしつける人もいます。
実はこのしつけ、とっても大事なんですよ!

このしつけの重要性

例えば散歩中にうっかりリードを離してしまった、っていうこと
どれだけ気を付けてても可能性はゼロじゃないですよね!

ゆずゆず

こういう時に“おいで”のしつけをしておくと
道路に飛び出しそうになっても危険を回避することができますね!


いぬさんいぬさん

ワンちゃんの命を守ってあげられるのは
飼い主だけです!!

まずは信頼関係を。

犬 しつけ おいで

飼い主の都合でコロコロ意見を変えるのは犬にとっては混乱のもとであり、
魅力的な飼い主(パートナー)ではありません。

意見を変えない、ブレない飼い主にワンちゃんは魅力を感じます。

ゆずゆず

1つのルールを決めたら、
それを貫き通すことが大事ですよ!

犬の名前を呼んだら飼い主の顔を見る、ということを
先に覚えさせておきましょう。

しつけの方法

犬 しつけ おいで

ご褒美(おやつ、おもちゃなど)を用意します。

周りが静かな場所で、犬が飼い主を意識していない時に「おいで」と呼びかけます。
この時、少し高めの楽しそうな声で呼びかけると良いでしょう。
その呼びかけに応じて、犬が来た時は盛大に褒めてご褒美をあげてください。

呼んでもなかなか来ない時は、犬があまり集中できていない可能性があります。
何回も同じときにしつこくやらないで、少し時間を置いたり場所を変えたりしてみましょう。

静かな環境下で「おいで」に応えられるようになったら、
周りが静かではない場所で危険がない場所(ドッグランなど)で試してみましょう。

ゆずゆず

どんな状況でも呼んだ時に飼い主の元に来るようになれば、
しつけは成功したと考えて良いでしょう。

まとめ

犬 しつけ おいで

ズバリ、このしつけをする理由は
危険回避、事故防止、迷子防止!

しかし、このしつけが完璧にできているからといって
ノーリードで散歩したりするのは絶対にやめましょう。

ゆずゆず

外には予想外の危険がたくさんあります。
マナーを守って楽しく過ごしましょうね♪