犬がハウスを嫌がる時のしつけ方

犬との生活が始まり慣れてくると、いたずらされたり来客にとびついたりして困ることもあるでしょう。

ハウスを覚えておらず自由に生活していると、飼い主の留守中に電気のコードをかじって感電するということも考えられ、命の危険も考えられます。

 

ぜひハウスを覚えさせましょう!

ハウスとは、ケージに入れるしつけのことですが、

おそらくはいきなりケージに入れられると、大抵の犬は嫌がるでしょう。

なぜなら、今までの自由な生活から限られた空間での生活に変わるからです。

そんな時にどうやってハウスを覚えさせるか書いていきます。

ハウスを覚えさせた方が良い理由

最初にも書きましたが、感電を防止する事ができますし、飼い主の大切な物をかじられる心配もありません。

それに、万が一の粗相も防げるでしょう。

それに、犬との距離を置ける事で主従関係もしっかりして、その他のしつけの時なども有利になるでしょう。

来客がもしも犬嫌いだったら、ケージにいてもらえれば助かりますね。

しかしその時だけケージに入れるのでは犬も慣れていないので嫌がり、次から入れるだけで一苦労でしょうし、無駄吠えもするでしょう。

そうならないためにも、日頃からハウスの訓練をしておくことをおすすめします。

犬がハウスを嫌がる時のしつけ方

1.ケージとトイレを用意しましょう

ハウスを覚えさせる時に必要なのは、ケージです。

犬がゆったりと入れるもので、トイレを置く場所との区切りが付いているものが良いでしょう。

犬は自分の寝床にはトイレをしませんので、区切りがあるものを選ぶようにしてください。

そして、水を入れるお皿もあると、長時間の留守の時も安心なので良いです。

2.ハウスの中は楽しいと思わせる。

犬にハウスを覚えさせるには、ケージの中が楽しい所だと思わせるのがポイントです。

ここに入ると楽しい、良いことがあるなど、犬が思うようになればしめたものです。

これができないと、先にも書いたように、入れるだけで一苦労ですし、無駄吠えもするようになるでしょう。

犬がハウスを嫌がる時のしつけ方

その悲痛な叫びを聞いて、飼い主も根負けし出してしまうと、犬は「吠えれば出してもらえる」というように間違って覚えてしまい、ハウスを教えるのが失敗に終わってしまいます。

そうならないために、根気よくしつけていきましょう

3.嫌がる犬にハウスをしつけてみましょう。

犬がハウスを嫌がる時のしつけ方

犬にケージの中が楽しいと思わせるには、どんな方法があると思いますか?

お手軽なのが、ケージにおやつを投げ入れる方法です。

まずはケージの近くから犬の名前を呼んで気を引きます。

そして「ハウス!」と言いながらケージの中におやつを投げ入れてください。

犬はそのおやつを取るためにケージに入るでしょう。

そして出ようとして顔をケージの外に出す前に、もう一度おやつをあげます。

何度か繰り返ししていると、犬は「ケージは楽しい所」だと覚えるようになるでしょう。

慣れてきたらだんだんケージから離れてしてみます。

さらに慣れてきたら、おやつを投げるマネだけでやってみましょう

投げる時やマネをする時は、必ず「ハウス!」と言うのと、上手にできたらおやつをあげるのをお忘れなく。

そうすれば、しつけが終わる頃には「ハウス!」と言ってケージを指差すだけで、犬はケージに入ってくれるでしょう。

そこは楽しい所だという印象が付いていれば、難なく入ってくれるでしょう。

しつけ方の注意点

ハウスを覚えさせてる時や覚えた後に、注意してほしいことがあります。

それは、先にも書きましたが、犬がケージの中で鳴いたり吠えたりしても出さないことです。

あまりにも吠えたり鳴いたりして辛い場合は、ケージにいる時間を短くして、少しずつ長時間いられるようにいます。

最初は1分でも構わないのです。

上手にできたらほめておやつをあげる。

根気よく続けて、少しずつ時間を伸ばしてみてください。

それとは別に注意してほしいことは、犬がケージの中にいる時は撫でたり無意味に呼んだりしないことです。

犬にとってケージの中は絶対に安全で安らげる場所であるよう心がけてください。

そうすることで、夜は犬もぐっすり眠れるし、安心して休むことができるでしょう。

まとめ

犬がハウスを嫌がる時のしつけ方

犬にハウスを覚えさせた方が良いということがおわかりいただけたでしょうか。

可愛い犬といつでも一緒にいて、好きな時に触れ合いたい気持ちも分かります。

しかし犬もゆっくりしたい時や、噛むおやつを味わいたい時などもあると思います。

その時間を尊重してあげるのもひとつの愛情と思いますので、ぜひハウスを覚えさせましょう!