犬をせっかく散歩に連れていっても、自分の犬が他の犬や人に吠えると、飼い主もウンザリしますよね。

お隣の犬は、いつ出会っても大人しくおすわりして待っているのに…とか、近所の人や見知らぬ人に吠えまくってなんとも言いようのない、申し訳ないような気持ちになった事はありませんか?

 

いつでも大人しく、無駄に吠えない犬になってほしい!

そう願う方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

そんなお悩みが少しでも解決したらいいなと思います。

散歩で吠える犬のしつけ方

1.服従訓練で吠えるのをやめさせる

犬のしつけ 散歩中に無駄に吠える犬はどうしたらいいの?

服従訓練とは、飼い主の指示に対して犬が従順に適応することです

服従といっても、決して暴力や体罰で押さえつけるということではありません。

服従のやり方は、飼い主が指示をだし、出来たら褒めることです。

それには、飼い主の根気が必要です。

 

今回は散歩中の無駄吠えについてですので、リーダーウォークをしつけてみましょう。

2.リーダーウォークをしつけるための道具を装着しましょう。

リーダーウォークとは、犬が飼い主の動く通りについてきて、決して犬は前に出ず進行方向も飼い主の決める方向に行けるようになるしつけ法です。

 

まずチョークチェーンという、鎖でできた首輪と、リードを用意してください。

それを犬につけるのですが、注意点があります。

犬はできたら飼い主の左側を歩かせたいので、チョークチェーンを前から見てPの形になるように装着します。

右側を歩かせたい場合は、逆Pになるように。

そうしないと、リードを引っ張った時にチョークチェーンが締まったままになり、大変危険です。

 

つけてから、試しにリードを軽く引いてみてください。

引く手を緩めた時、同じようにチョークチェーンも緩むようなら正しく装着できています。

きちんと装着できたら、いよいよしつけをしてみましょう!

 

リーダーウォークのしつけは、四方八方へ進んだり突然止まったりするため、普段の散歩中にはできませんので、広場に行ってしつけましょう。

3.犬にしつけをしてみましょう!

犬のしつけ 散歩中に無駄に吠える犬はどうしたらいいの?

まずリードを、手を下げて持って少し余裕があるくらいに持ちます。

そして、歩きだしてみましょう。

その時、犬が飼い主より前に出たり、別の方向に行ったりしたらリードを引っ張ってください

犬は飼い主の左側が基本ですので、犬をそこまで戻します。

戻す時は飼い主の左の太ももの側面を叩き、「ツケ!」と言いながらリードを引っ張り、犬を飼い主の左側に誘導します

そしてまた歩きだした時、前に飛び出したり突然曲がったりなど、飼い主の動きとは別の行動をした時に、リードを引っ張り犬を戻します。

上手にできたらおやつをあげたり、褒めたりしましょう。

そのうちに犬は飼い主の動きに注意し始めるでしょう。

慣れてきたらまっすぐ前に進むだけでなく、右に曲がったり左に曲がったり、突然止まったりもしてみてください。

上手くできたら褒めるのを忘れずに

上記の事を根気よく続けていると、リーダーウォークができるようになり、散歩中にも他の犬の事よりも飼い主の動きに注意するようになるので、吠えなくなるでしょう。

4.吠えないしつけにはアイコンタクトが大事

犬のしつけ 散歩中に無駄に吠える犬はどうしたらいいの?

エサをあげる時に、「マテ」をさせていますか?

 

させていないという方は、ぜひやってみましょう!

エサをあげる時に「マテ」と言い、立てた人差し指を飼い主の顔の前にもってきて犬を集中させます。

犬が気にして飼い主の目を見たらエサをあげましょう。

始めは慣れていないのできちんと目を見ないかもしれないので、こちらを気にしてチラッとでも顔を見たらエサをあげてもよいでしょう。

このようなことの積み重ねがあって、リーダーウォークも成功にグッと近づくのです。

アイコンタクトができると、犬が飼い主の動きに集中するようになるし、主従関係もしっかりできて、他のしつけもやりやすくなります。

5.散歩に出て吠えるか試してみましょう。

リーダーウォークができるようになったら、散歩に出るのも楽しくなりますね。

きちんと自分の左側を歩けるかな?自分が止まったら犬も止まるかな?など、ドキドキワクワクしますね。

そして何より、無駄に吠えないかな?

心配もあるかもしれませんが、思い切って出かけましょう。

リーダーウォークのしつけが済んだ犬なら、もし吠えてしまっても、飼い主がリードを引っ張ればすぐに吠えるのをやめるでしょう。

吠えずに我慢できたらたくさん褒めてあげるのをお忘れなく!

まとめ

犬のしつけ 散歩中に無駄に吠える犬はどうしたらいいの?

リーダーウォークができるようになって、散歩も楽しくなることと思います。

しつけるのは根気がいりますが、できた時の喜びには代え難いですよね。

散歩中の無駄吠えに悩んでいるのなら、ぜひ、しつけをしてみましょう!