犬を飼う 費用

「犬を飼ってみたいけれど、どれだけのお金がかかるのかな?」

そう思ったことはありませんか?

飼ったことがない人にとっては想像もつきませんし、未知の世界ですよね。
そこで、最低限必要になる費用をまとめてみました。

飼い始めにかかる費用

犬のしつけ アドバイザー

ペットショップで飼う場合、もちろん生体料金がかかります。
また仔犬は2回~3回(動物病院による)のワクチン接種が必要になります。

1回目、2回目のワクチンが終わっている仔犬を飼う場合は
ワクチン料金が生体料金に加わる場合もあります。
(ワクチン込の生体料金かはそのお店によって異なります。)

そして必ず必要になるサークル、クレート、犬用ベッド(または布団のようなもの)、
エサ、トイレシート、エサと水を入れる器など。

ショップで犬を飼う時に店員さんが一緒に選んでくれるところが多いですが
生体料金+1万5千円~2万円程度はかかると見込んだ方が良いと思います。

毎年かかる費用(年に1回のワクチン接種とフィラリア予防)

仔犬期のワクチン接種から1年後にまたワクチンを打ち、
それから毎年、年に1回打たなければいけないワクチンが2つあります。

狂犬病ワクチンと感染症予防の混合ワクチンです。

どちらも絶対的に必要になります。

料金は病院によって異なりますが狂犬病は3千円前後、
混合ワクチンは5千円~8千円程度です。

また、冬が終わって暖かくなってくるとフィラリア予防が必要になります。
こちらは個体差と獣医によって全く料金が変わってきます。(5千円~1万円程度)
予防してあげないと必ずフィラリアにかかってしまいます。

毎月かかる費用

犬を飼う 費用

最低限必要なものとしては、エサ、トイレシート、トリミングサロンです。

これは個体差があるので、例としてゆずが飼っているトイプードルの
毎月かかっている料金を紹介します。

エサ(缶詰、ドライフード)=6000円
トイレシート(レギュラーサイズ1か月1袋)=1500円
トリミングサロン=5000円

他におやつ等を考えると約1万4,5千円くらいでしょうか。

小型犬ならこの程度だと思います。
大型犬ならこの倍はするのではないでしょうか。

臨時でかかる費用

いつまでも元気でいてくれることに越したことはないですが、
やはり生き物ですから、怪我したり、病気になったりもします。

病院で手術…とかになってしまった場合、何十万とかかってしまうこともあります

毎月の負担が増えてしまいますが、もしもの時のために
ペット保険に入っておいた方がいいかもしれませんね。

また、家族で旅行に行きたい!という時にはペットホテル代もかかります。
1泊、小型犬で3千円程度、大型犬で5千円程度です。

まとめ

犬を飼う 費用

毎月、毎年かかる費用は、
思っていたより高かったでしょうか?安かったでしょうか?

ゆずゆず

私が働いていたショップでは、
「犬なんてお金がかかるでしょう?」と言っていたお客様に限って
実際飼ってみると「この子にならいくらかかっても惜しくないわ♡」
と変貌したりしていました(笑)

犬にかかるお金は決して安くはありません。
しかしそれ以上の癒しと愛情をプレゼントしてくれます。
犬が好きで飼いたいけど悩んでいる、という方がいましたら
是非、飼ってみてほしいと思います。